少しは面倒な人でいなくてはいけない

2017.03.07 Tuesday

0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

    最近、転職活動でクソ面倒な事になっている。

    が、これは個人情報満載で言えた話ではないので、こういった事のないようにする気の持ち方を書く。

     

     

     

    今回の件で学んだというよりも、目が覚めたという感じだ。

     

    残念ながら、書類選考で落ちてばかり。自己評価も自ずと低くなってしまう。

    ヘコヘコ頭を下げながら、家で履歴書を写真ごとシュレッダーにかけるのは、無心になれという方が難しいだろう。

     

    こちらは良かれと思って、にこやかに、頭を下げて生活をすると、ズルい奴がやってくる。

    いじめっ子という認識でもいいが、とにかく舐めて下に見てくる人と会う事になる。

    世の中にはそんな人ばかりではない。それは事実だが、例えば。

     

    貴方は自分では解決出来ない面倒事を抱えている。どちらかに一緒に重荷を背負って貰うしかない。

    一方は、何でもにこやかに引き受けてくれる人。もう一方は、何か言えば確実に面倒なリアクションを返す人。

    さぁ、どちらに面倒事を頼む?

     

    これを多くの人がやり、積み重なると、にこやかに引き受ける人は荷重オーバーで死ぬ。

    もちろん、あくまでこの例において登場人物に悪意はない。先のいじめっ子とは違う。でも、その人は死ぬ。

     

    つまり、優しさはズルさを引き出すのである。正確に言えば、優しいが弱い人は、人のズルい心を引き出す。

    いじめっ子は被害者の内臓を少しずつ食べる。

    優しくて弱い人は、相手が普通の人であっても、内臓を食いたくなる気持ちを引き出してしまう。

    理由はただ一つ、とても美味しそうなのである。

     

    こうならない為には、私達は多少は面倒な人でいなくてはいけない。つまり不味くならなくてはならない。

    先の話で言えば、相手にどんな理由があっても、結局引き受ける事になったとしても小言の一つは言わねばならない。

    これは、自分がそんな事は言いたくなくても、言わなくてはならない。

     

    面倒な人に対して、人は慎重になる。

    この人を動かすのは面倒だが、必要なので仕方ない。ならばどうするか。

    策を練る。言葉を選ぶ。時間を考える。最大限配慮する。

    結果的に、面倒な人の方が他者に優しくして貰える。

    他者にただ優しい人は、むしろ適当に扱われる。

     

    悲しい事だ。

    にこやかにしてる間、そうでない人と同じように扱ってくれればいい。

    内臓を食いに来なければいい。

     

    実際、そんな人が来ないまま、優しく生きていける人もいる。

     

    一方で、そうはいかない人がいる。優しさと弱さに敏感な魔物が、涎を垂らして近寄ってくる人がいる。

    優しくて弱い人のせいではない。周囲にたまたま、そんな魔物がいるだけだ。魔物の嗅覚に捕まっただけだ。

     

    それでも、魔物はやってくる。嫌でも剣を持ち、戦うしかない。

    貴方の環境を知らない奴が、剣を持った貴方に何を言う資格があるだろう。

    剣で斬り殺した魔物の返り血で真っ赤になり、そんな貴方の姿だけを見て、貴方の事を悪魔だとか言う。

    言われた方は傷付く。本当は剣なんて持ちたくないのに。

    冷たいとか、優しくないとか、そんな事を言われる。

     

    誰が貴方にそんな事を言えるのかを知るべきだ。

    では、誰がそんな事を言うのか。

    本当に冷たい奴、優しくない奴、貴方が剣を持つと面倒だと思っている悪魔達が囁くのだ。

     

    その返り血は、戦った証だ。

    コメント
    コメントする